診察券発行(レセプト・電子カルテ連携)

医療機関様の業務を支えます。

  • 診察券発行(レセプト・電子カルテ連携)
  • 自動受付システム(レセプト・電子カルテ連携)
  • 呼出(診察室)/待合室表示システム(複数診察室)
あっちゅうま

診察券発行(レセプト・電子カルテ連携)

導入メリット

  • 磁気診察券に自動で印刷するので、診察券発行の手間が省けます。
  • レセコンや電子カルテと連携可能ですので、患者情報を検索して診察券を発行することができます。

こんな悩みのあるユーザ様へ

  • 少しでも診察券発行の手間を省きたい医院様。
  • 他社システム連携など、将来的にIT化を検討している医院様。

概要

  • 患者情報(患者番号、氏名など)を入力して磁気診察券を作成します。
  • レセコンや電子カルテと連携すると、患者番号の入力だけで患者名を検索して、診察券を作成することができます。

自動受付システム(レセプト・電子カルテ連携)

導入メリット

  • 患者さんが自ら来院受付をするので、スタッフの手間が掛かりません。
  • 診察終了後、次回予約も患者さんご自身で予約登録ができます。

こんな悩みのあるユーザ様へ

  • 患者さんの来院受付がとても混雑している医院様。
  • 少ないスタッフ数でスムーズに運用したい医院様。

概要

  • 銀行でATMを操作するように、カンタンに患者さんご自身で来院受付ができます。
  • レセコンや電子カルテと連携可能ですので、受付情報を院内で共有できます。

呼出(診察室)/待合室表示システム
(複数診察室)

導入メリット

  • 診察室のタブレット端末(iPad等)から呼出を行うことができます。
  • 呼出状況が分かるので、呼出までの見通しが立てやすくなります。

こんな悩みのあるユーザ様へ

  • 待合室がとても混雑している医院様。
  • 患者さんから呼出に関する問い合わせが多い医院様。

概要

  • 診察室内のタブレット端末(iPad等)からカンタンに呼出ができます。
  • 呼出の際、呼出番号をモニターに表示するだけでなく、同時に自動音声による番号呼出も行い、患者さんをスムーズに診察室に誘導致します。